記事一覧

赤い羽根共同募金の活動を8耐参戦で皆さんにお伝えします!

2011年3月11日に発生した東日本大震災後、
当チームメイトは赤い羽根共同募金のボランティアサポートを通じて
ボランティア活動を行っております。
それは現在も継続して行われており、その感謝の意を表して
チームスガイレーシングジャパンは
今回の8時間耐久ロードレースにてその活動を皆様へお伝えをすることとなりました。

↓↓↓ ライダー須貝義行がよせたコメントです ↓↓↓

全日本ロードレース選手権で参戦中の須貝義行です。
仙台在住の私も被災したひとりです。

震災直後は、レース活動を継続する事はおろか
それまでの生活には戻れないかも知れないという不安に苛まれました。

家族や知人を含め、人生最大の出来事となってしまいました。
幼いころから愛した故郷は無残な形となりました。
地元の多くの方々が犠牲になったという知らせもありました。
そんな中ひとりの力ではどうすることも出来ない無力感で一杯でした。

しかし、世界から日本全国から多くの皆さんのお力添えによって
少しずつ元の姿に戻ろうとする街、人々の笑顔を見ることができ本当に感謝で一杯です。
とくに、ボランティアで遠くからお越し頂き活動される皆様には
感謝の言葉をお届けしたいと心から思っておりました。
そのボランティアの活動を支える「赤い羽根共同募金・災害ボランティア・NPO活動サポート募金 」の存在を知り、
レース活動の一環でお手伝いできるのではないかと考えた次第です。

この度、「2012 FIM世界耐久選手権シリーズ
“コカ・コーラゼロ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第35回大会」に参戦することとなり、
マシンに「ボラサポ」のマークを貼り、皆さんとともに戦いたいと思います。
どうか会場に、そして私たちのパドックにお越しになり応援して頂けるとうれしいです!