記事一覧

archive~2「継続という蓄積によって理想を追求する」

 2009年に1098Rで全日本ロードレース選手権のトップカテゴリーであるjSBクラスに、
自らの運営するチームで参戦した須貝義行。
そして選んだマシンはドゥカティ1098R。
 だが1098RにはJSB用のキットパーツやセッティングデータがほとんどなかった。
それで全日本を戦うことは、レース素人の目からするとハンデが大きすぎるように思えるのだ。
 しかし須貝は1098RをJSBマシンへと開発しながら、1シーズンを戦い通した。
予期せぬトラブルやレースアクシデントもあったが、さまざまなデータを収穫できた年となった。
 そして2010年シーズンは、須貝の姿が起爆剤となったのか、外車でJSBクラスにエントリー、スポット参戦の台数が
少しばかり増えた。
もちろん須貝は2010年シーズンも1098Rで継続フル参戦することを決意していた。
 では1098Rで目指す須貝のゴールは、どこにあるのだろうか?
全日本ロード選手権の開幕戦となった筑波サーキットで、継続参戦の意義やレース人生観について再び訪ねてみた。

  *******

須貝●自分のこだわりを反映したマシンを作ってみたいというのが、
   1098RでJSBクラスにチャレンジするひとつの大きな動機です。
   そのこだわりを追求するためには、フル参戦=継続 していくことが、
   自分のなかで大切な事です。


―― 継続が大切という意味は?

須貝●たとえばドゥカティをレース用に改造するなら、
   ブレーキはブレンボ、サスはオーリンズ、ホイールはマルケジーニ、
   エキゾーストシステムはテルミニョーニという定番があるでしょう。
   でも自分の1098Rはそうではない。
   ブレーキはニッシン、サスはWP、ホイールはアドバンテージ、
   エキゾーストシステムはオリジナルとなっています。


―― 確かに変わっていますよね。

須貝●彼らは1098R以前からレース活動を協力してもらっているパートナーで、
   私のこだわりに応えてくれるからです。
   だから私も彼らにフィードバックできる、役に立つデータを残しています。
   そういう信頼関係を継続することで関係が深まり、
   こだわりを反映したマシンが少しずつかたちになっていくと思っています。


―― スイングアームも片持ちではなく、両持ちに変更していますね。

須貝●2009年の序盤は、予定ではSBK用の方持ちスイングアームを使おうと思っていた。
   ところが注文しても入荷時期が未定。そのまま開幕となってしまい、
   ノーマルを使うことになってしまった。
   ところがブリヂストンのスリックタイヤとのマッチングが良くない上に、
   右コーナーと左コーナーでフィーリングが違うという問題も解決できなかった。
   SBK用もいつ届くかわからないから、中盤からオリジナルの両持ちスイングアームに踏み切った。
   999のデータを活用したので、ブリヂストンタイヤとのマッチングも良くなりました。
   でもエキゾーストシステムは取り回しが変わるので、オリジナルへ変更することになってしまった。
   大変だったけれど、長年使ったブリヂストンを継続して使いたいという、こだわりもありましたから。


―― いままでの蓄積から1098Rが生まれると。

須貝●1戦のみの参戦なら成績を重視して、
   そのサーキットに強い特定メーカーのパーツで勝負に出ることも、
   レースでは好成績を残す手段の一つです。


―― でも、それでは意味がない。

須貝●そう、意味がない。
   さらに、そのこだわりを全日本ロードレースのトップカテゴリーであるJSBクラスでやることに意味がある。
   たとえば若手ライダーは、レースで成績を追求することが一番重要な時期でしょう。
   でも、すでにベテランという年齢に達した自分のレース人生では
   成績に加えて、バイクをイチから開発し、そのためのチームを運営
   するというふたつの経験は、どちらも貴重なものです。
   いまの参戦体制によって、ライダー、チーム監督、インストラクター
   を含めた自分のレース人生の幅が広がっていると感じています。


―― JSBクラスにこだわるのは?

須貝●いまJSBクラスのレギュレーションは、参戦コストと結果のバランスが
   うまく取れていると思うからです。
   なおかつ全日本ロードレースのトップカテゴリーである。
   その舞台で自分の理想とするバイクを追求です。いまのJSBクラス
   だから1098Rでの挑戦を思い立ちました。


―― 昨シーズンでマシンの開発は、理想に近づきましたか?

須貝●昨シーズンは最後2戦のツインリンクもてぎと鈴鹿でマシンの
   フィーリングが良くなった。
   とくに鈴鹿は良かった。でも、この2戦はアクシデントに巻き込まれて
   結果は残らず、悔しかった。
   その仕上がりを期待して今シーズン開幕に筑波に臨んだけれど、
   決勝までにマシンを仕上げきれなかった・・・
   そのため予選は16番手。それだけではなく、決勝直前まで
   フロントのタイヤウォーマーが故障している事に気付かなかった。
   決勝は気温も低くて、冷え切ったタイヤでのスタートとなってしまい
   序盤はペースが上げられなかった。
   タイヤが温まってからペースを上げたが、12位でゴールするのが
   やっとで、苦しい開幕になってしまいました。


――バッドラックでしたね。

須貝●タイヤウォーマーのミスは別として、まだ1098Rが理想のレベルに
   達していない事を再確認しました。個人参戦という体制なので
   厳しい面もありますが、理想に向かって1098Rを仕上げるつもりです。
   そういう部分も含めて須貝のレースを応援してください。
   よろしくお願いします。


 *******

 須貝の選んだJSBクラスへアプローチは、最初から平坦でない事は本人も承知だった。
しかし須貝がそれでもドゥカティ1098Rを選んだのは、

「自分が操っている」というライディングの楽しみを思い出させてくれるからだ、

という。
そのドゥカティに自分の経験とこだわりを注入した理想のマシンを生み出すことに
須貝はレース人生を賭けて戦っているのだ。
 開幕戦は予選を16位で通過して決勝に臨むも、タイヤウォーマーのトラブルによりスタート直後からしばらくの間は
コーナーを攻めきれず、徐々に順位を後退させてしまう。
タイヤが温まってからスパートをかけ、ダンロップコーナーでは火花を散らすほど攻めの走りで順位を上げていき、
結果は12位。
外国車勢ではもっとも高い順位で開幕戦を終えた。
 昨シーズンに続いて確実に進歩している須貝の1098Rが、今後どのように進化するかを観察してみるのも
ドゥカティオーナーにとっては大きな楽しみである。

今年も1098Rと須貝に期待したい。

                     ドゥカティバイクス 2010年 vol.6より